プロフィール

jonaPbox

Author:jonaPbox
北海道在住

ジョナ(7歳)
元気で人懐っこくお話しが大好きなラブ&ゴールデンレトリバー(F1)

マリウス(3月12日生まれ)
胸に星型マークをつけた男の子。ラブラドールレトリバー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

うちのジョナPさん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜糸終了
24日病院へ行き、無事抜糸が終わりました。
傷口はきれいに治ってきており
そのうち分からなくなりそうです。
初めは見るたびにフランケンシュタインを連想してましたが・・・

マリウスは、2週間ぶりにハウスに入って寝ています。
ホッとしたでしょうね~。
まあ、ハウスの中でも外でも
あんまり変わりませんが・・・
でも居間で寝ていた時は
夜中に起きて、こそこそ一人遊びをしている日もありました。
一度ママの部屋に入ってきて何か言いたげにしていて
どうやらおしっこしたくなったみたいです。
そんなこともありましたが
ハウスの中で寝る習慣はすぐに取り戻しました。

ジョナの散歩のときもハウスに入れられなかったので
家にそのまま置いていってました。
マリウスは大きなエリザベスカラーをつけたその姿で
玄関にずっと座って待っていた様子でした。
(1時間でも・・・)
いろんな経験をしましたね

去勢後のマリウスですが
今のところたいした変化はありません。
おしっこもまだ片足上げているし
歩きも元気がよいです。
でもたまにママの足に顔を押し付けて甘えてくるのです。
もしかしたら去勢前より少しだけ頻度が増えた気が・・・
また犬に対する反応は
まだお友達犬には会っていないので何とも言えませんが
散歩や病院で会ったとき
対応が穏やかになった気がします。

明日は講習会があります。
出席を予定していますが
今日から明日にかけての大雪の予報がどうなるか。
また我が家でインフルエンザ患者が出てしまったので
さらに増えないか・・・ということで
無理はせずに行けたら行くということにしようかと思います。
スポンサーサイト
抜糸はまだ・・・
木曜日の午前中に病院へ抜糸に行きました。
「腹部の傷口はレーザーメスを使っているので
もしかしたらまだ取れないかもしれない。」
そう先生に言われました。
案の定まだくっついていなかったので
もう1週間、抜糸が延びてしまいました。
エリザベスカラーをもう1週間・・・
やっと外せると思ったのに・・・残念です

散歩とワンツーと遊んであげるとき以外、ずっとつけています。
かえってその方がカラーをつけることに抵抗がなくなるようです。
一人遊びの時はカラーをつけた状態のまま遊んでいます。
困るのはアタックされると痛いこと!!
家族はアタックされないように気を遣っています

今日はセンター試験の2日目・・・
jonalfは無事会場に行けたようで、ほっとしました。
毎年大雪が心配な時期ですから・・・・・
そしてあさっては、次男の入試です
体調管理は万全にしたいです。
マリウスのとぼけた仕草が癒し効果抜群
助かっています
手術終わりました。
ずいぶん遅くなりましたが
明けましておめでとうございます!

マリウスの去勢手術は
予定通り10日に行いました。
事前の検査では精巣の一つは確認できたのですが
もう一つが見つからず
おそらくはメス犬と同様の手術になると
言われました。
結局もう一つの精巣は体の奥にあり
お腹に大きくメスを入れ
1泊してから
11日に家に帰ってきました。

見せてもらうと
マリウスの精巣は大きい方でも通常のオス犬より小さく、
小さいほうは大きいほうの4分の1以下でしょうか・・・
かなり未発達でした。
停留睾丸(停留精巣)といわれるのですが
繁殖能力に劣り、しかも遺伝する可能性もあるため
一般でも繁殖はしません、と獣医さんは仰っていました。
でもちゃんと見つかって無事手術を終えることができて
ほっとしました。

マリウスはエリザベスカラーをつけて家に帰りました。
傷口をなめないように抜糸までの1週間つけていなくてはならないのですが
11日は身動きが取れずに諦めて、寝てばかり・・・
意気消沈していました・・・
午後にはおしっこをさせましたが
なんだか傷口から血交じりの液体が滲みだしてます。
急いで病院に電話しましたが
血そのものでなければ様子見て大丈夫と言われました。
液体が滲みでるとき
傷口をしきりになめたがるので
カラーははずせません。
(ワンツーと散歩のときだけはずしています。)
傷口が心配なのと
カラーがついていて自由に遊べないのとで
これから1週間こんな生活で可哀想だなあと気が遠くなりました。
ハウスにも入れないので(カラーが邪魔で寝る姿勢をとれない)
留守番も夜も居間で寝ています。
だけど動きが不自由なためいたずらの心配もなく
ちゃんとお利口に寝ています。

我が家ではエリザベスカラーは初めての体験。
アルフはカラー無しで抜糸までを過ごしていました。
ほかに手術に連れていった仔はいません。
こんなんでストレス溜まるのでは・・・と考えてしまいます。

11日は本当に心配しましたが
次の日からだんだん元気になり
傷口も乾いてきて
カラーをつけたままでも上手におもちゃで遊ぶようになりました。
そうなればもう安心。
抜糸も明後日となりました。

P1116558.jpg
11日の意気消沈マリウス。

P1116566.jpg
11日はjonalfの誕生日でもありました

P1126580.jpg
12日以降、元気になって骨もくわえられるようになりました。

P1136623.jpg
P1136627.jpg
いつものように遊んで・・・

P1136628.jpg
お散歩は傷口に雪がかからないようにタオルを巻きました。

P1136654.jpg
エリザベスカラーにもすっかり慣れて
普通に暮らしています。
ジョナはこのカラーが嫌みたいで逃げ回っています。
エリマキトカゲみたいに威嚇効果があるらしい

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。